toggle
2019-11-19

ひと月の和菓子【2019霜月】

 20191101

おかげざまで和菓子まめいちは11月で4周年。そして、おかげさまで昨年に引き続き「2019手のひらの自然 京菓子展」で入賞し「工芸菓子部門奨励賞」をいただくことができました。

日々お応援してくださる皆様に重ね重ね心より感謝を申し上げます。

今月のテーマ「根源」

まず、わたしがすることは「無」になること。そして「根源」を知り、想像し、人の心をあたためる菓子を作ること。そして、残すことです。

「感謝の念ということは、これは人間にとって非常に大切なものですね。すべての人間の幸福なり喜びを生み出す根源ともいえるのが、感謝の心だと言えるでしょうね。」

これはパナソニック創業者松下幸之助さんの言葉です。「感謝の心」で日々精進、日々前進で5周年に向けて全力で駆け抜けて行きたいと思います。

真実の地中

『根源』の根は木へんで、意味は植物の根。植物のはじまり。物事のおおもと。はじめなのである。美しい花を咲かせるためには、根をしっかりと伸ばすこと。しっかりと大地から離れぬよう深く深く根付かせることが大切です。

生姜黒糖こし餡入りのこなし製です。

原材料:小豆 大手芒 砂糖 黒糖 生姜 きなこ 薄力粉 上用粉 オブラートパウダー

大切なのは 『心』。こころをあたためる菓子を情熱をもってお作りします!菓子の模様は今回の京菓子展で受賞された福島ゆみこさんからいただいた伊勢型を使用しました。『心』の文字に見立ててみました。

柿あん入り求肥のお餅です。

原材料:大手芒 あんぽ柿 砂糖 白玉粉 卵白 薄力粉 上用粉

幸せの源泉

『根源』の源は、水流のはじめて現れるところ。物事のおおもと。はじめなのである。水が流れていることを、ただ流さず。なぜ流れているのだ。どこから流れているのだと源をたどることが大切です。

柚子羊羹と琥珀寒天の二層菓子です。

原材料:北海道小豆 砂糖 柚子 寒天 水飴

20191102

関連記事
Comment





Comment