toggle

まめいちについて

和菓子を通してお客様と会話する— 
和菓子の魅力は、季節感を自由自在に表現できるところです。
芽吹きの季節である春はカラフルに、涼しさが恋しくなる夏場は透明感を…といったように、
想像を膨らませながら色味や食材の組み合わせを考えている時間が一番好きです。
おいしい笑顔に会いたくて、大切な誰かに手紙を書くような気持ちで、
毎日ひとつひとつ心を込めてお作りしています。(仙臺いろは+フライヤーより引用)

 


職人について

kiyohashisan

幾世橋 陽子
yoko kiyohashi

仙台市出身
京都 有職菓子御調進所 老松にて修行
仙台 ホシヤマコーヒー勤務を経て
2005年    仙台にて和と洋のコラボレーションをコンセプトにしたカフェ
                  「和 – nagomi – cafe DAYS」を友人と共同経営
2010年 「和のお菓子工房 まめいち」を立ち上げる
2015年 「和菓子 まめいち」と店名を改め、実店舗を青葉区本町にオープン